小さな子供が間違って自動車を動かして交通事故を引き起こした場合の過失責任は?

世の中には色々な交通事故もありまして、非常に珍しいものの良くあるパターンとして子供が誤って車を操作して交通事故を引き起こすケースです。この場合は、子供が危ないと言うことを認識していた場合は責任が問われるかもしれません。 …

夜間歩行中は必ず懐中電灯と反射材を活用する!それが交通事故過失も少ない!

最近は夜間におけるジョギングやウォーキングに励む方も非常に多くなり、夜でも人影が目立つことも珍しくなくなりました。通常夜でも歩行などに便利な明るさを持つ歩道などであれば良いですが、日本の地形は非常に複雑であることもあって…

弁護士によるとエンジン音の大きい自動車は交通事故に巻き込まれやすい!

最近はハイブリッドや電動自動車の等の製造技術も非常に高くなり、エンジン音も非常に静かなタイプが増えてきました。これにより、最近は音のうるさい車は敬遠されるようになって、商品ラインナップも音の静かなタイプが主流となっている…

路上課金駐スペースのワナ!時間外は無料ではない!交通事故の過失は?

都市部に行くほど駐車場も確保しにくくなるのが世の常ですが、このような状況の中で路上に設けられている課金駐車スペースは昼間において非常に重宝するものです。ちょっとした用事で、駐車スペースが見つけられない場合には非常に助かる…

頼りになる交通事故専門の弁護士を選ぶには2005年までに登録した人材が無難!

日本では交通事故を担当する弁護士については、そのセレクトに関して非常にリスクが高くなったとされています。確かにそれは無理もありません。なぜなら、かつては年間の弁護士の合格数は数百人だったのに、現在は2千人と言う桁違いの数…

農村地帯では揉めやすい県道や市道などと交差する農道からの交通事故!

日常的に人口密集地帯に暮らしている方になりますと、定期的に田舎に行って行きますと田園地帯を見ることもあるでしょう。都会にいると気づきませんが、意外に農道と県道・市道が交差していている場所もかなり存在しています。しかし、非…

狭い車道のセンターラインには特に注意!交通事故における過失が大きく異なる!

日本では地方に行きますと都市部とは異なって、道路が狭いところも非常に多くなるでしょう。最近は都会から車に乗って地方にドライブに行くケースも多く、都会での広い道に慣れたドライバーは地方における車道に戸惑いを隠せないこともあ…

交通事故を担当する多くの弁護士も良く知らないこともある自動車保険の仕組み!

交通事故に遭ってしまった場合は最近では弁護士を大体的に活用するようになった日本社会ですが、この背景には多くの弁護士が交通事故を積極的に担当するようになったことがあるようです。しかし、それほど多くの弁護士が担当するとしてと…